スペシャリスト
新加坡女性痔疮医生 - 陈华锈医生

Tan Wahsiew 医師

上級顧問結腸直腸外科医

MBBS、MMed(外科)、FAMS、FRCSEd

Tan Wahsiew医師は、開業医に転向する前、シンガポール総合病院(SGH)の結腸直腸外科の上級顧問外科医でした。彼女はSGHの歴史の中で最初の女性顧問結腸直腸外科医であり、ロボット結腸直腸手術の研修を受けたシンガポールで初期の女性外科医です。

2003年にシンガポール国立大学医学部を卒業し、2011年にSGHで一般と結腸直腸外科の先進外科研修を終えました。2013年に、英国リーズのSt. James大学病院で保健省が後援するの医療従事者労働力開発計画フェローシップ(HMDP)を1年間修了しました。そこにいる間、彼女は結腸直腸癌、炎症性腸疾患の手術、ならびに複数の臓器や骨盤内容除去を要求する局所進行直腸癌と再発骨盤癌の治療のための低侵襲とロボット結腸直腸手術の研修を受けました。

新加坡女性痔疮医生 - 陈华锈医生
専門知識
低侵襲とロボット結腸直腸手術における

大腸内視鏡検査から癌を切除する大手術まで、Tan医師は、癌の外科医という神聖な職業を複雑な手術法と融合させることに情熱があります。da Vinci®ロボット手術システムの認定コンソール外科医の彼女は、ロボットと低侵襲結腸直腸手術、特に進行性と再発結腸と直腸癌の治療に副専門の興味があります。SGHでの在職中、進行性直腸癌の患者に対して数多くの低侵襲外側骨盤リンパ節郭清と共に、結腸癌に対する完全な結腸間膜切除手術をも行います。また、彼女は進行性直腸癌の患者のために最初の(SGHで)ロボット骨盤内容除去を行った総合的なチームの一員でした。

今まで、結腸直腸癌と良性結腸直腸状態の両方に対して500回以上の結腸直腸切除大手術を行ってきました。さらに、2016年以来、彼女はSGHの総合的炎症性腸疾患(IBD)チームの一員です。IBD外科医チームの一員として、潰瘍性結腸炎とクローン病の両方を持つ患者に対して、多くの救命手術を行って来ました。

学術
と研究への関与

彼女は、特に低侵襲結腸直腸手術に関して、幅広く査読付き雑誌を出版して来ました。彼女は、シンガポール医療雑誌、英国の外科と結腸直腸疾患雑誌、国際の結腸直腸疾患雑誌を含めて、数多くの国内と国際雑誌の査読者となって来ました。2011年からシンガポール結腸直腸外科医学会(SCRS)の会員であり、2014年から2015年までその実行委員会の一員でした。また、シンガポールロボット手術学会と女性医師協会(シンガポール)の会員でもあります。

指導
医学生、外科研修医、看護師

経歴の全体にわたって、彼女は常に医学生、外科研修医、看護師の教育に積極的に関わってきました。SGH在職中、NUSのYong Loo Lin医学校の上級臨床講師で、Duke-NUS医療学校の非常勤助教授でもありました。国際的代表者と外科研修医の両方を対象に、腹腔鏡と内視鏡の技術研修コースを実施し、南洋理工学院で看護師の教育にも携わってきました。

「結腸直腸癌は著しく治癒可能であり、優れた外科技術は、患者が生活の質を維持しながら癌のない状態にするなので、私が果たすべき役割です。」
Top