私たちに関して

外科協会

へようこそ

外科综合诊所 - 李思毅医生和陈华锈医生

Lee医師とTan医師は共にもシンガポール総合病院(SGH)で外科技術を磨き、2004年に一般外科で若い外科研修生から始めました。外科研修生としての生活は、長時間の勤務と終わりのない夜の呼び出しで、悪名高いほど厳しいものでした。深夜の手術でお互いを助け合うことから、本の章を書くと厳しい一日の終わりに経験を共有することまで、研修はとても疲れるが、やりがいがありました。

外科综合诊所 - 李思毅医生和陈华锈医生

米国にいるLee医師と英国にいるTan医師は海外で副専門分野の研修を終えた後、顧問外科医としてSGHに戻りました。新しいスキルと知識を武器に、患者ケアの改善にはやる思いで利用し、他人とも知識を共有しました。

また、肝臓への転移性結腸直腸癌の患者に対して、一段階の低侵襲性肝臓と結腸直腸手術を組み合わせる実施することを含め、総合的なケアを提供するために協力し続けました。

これら2つの異なるスキルセットを持つ外科医がいるということは、患者が同じ状況で2つの大手術を受けることができることを意味します。これにより、入院期間は1回と短くなるという利点があり、患者も2回の痛みと不便を経験する必要はありません。重要なのは、患者はより早く回復し、より早く化学療法を開始して癌を抑制することができます。

Lee医師とTan医師は一緒に開業し、患者に総合的なケアを提供し続けることを目指しています。彼らのパートナーシップにおける相乗効果は、継続的な卓越性の追求を推進し、患者に最善のケアを受けることを確保します。

「低侵襲性手術は、技術的に急な学習曲線を要求するが、それが提供する利点―より速い回復と痛みの軽減ーは、私たちにとって価値ある追求になります。」
Top