スペシャリスト
新加坡肝癌专家 - 李思毅医生

Lee Seryee 医師

上級顧問肝膵胆道外科医

MBBS、MMed(外科)、MSc、FAMS、FRCSEd

開業前、Lee Seryee医師はシンガポール総合病院(SGH)の肝膵胆道(HPB)と移植外科部門の創立メンバーと上級顧問でした。彼は腹腔鏡プログラムと外科技能トレーニングプログラムおよびSingHealth外科技能センターのディレクターを務めました。

1996年にシンガポール国立大学で医学研修を開始し、SGHとシンガポール国立がんセンターで一般外科、HPB外科と肝移植の研修を終えました。

また、ニューヨーク長老派病院-ワイル・コーネル医療センターで、Daniel Cherqui教授の下で先進腹腔鏡HPB外科と肝移植の二重米国フェローシップおよびニューヨークのメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターで複雑な外科腫瘍学臨床フェローシップを修得しました。

新加坡肝癌专家 - 李思毅医生
専門と
哲学

Lee医師は、広範な研修と臨床経験をHPB、移植と外科腫瘍学の原理と技術に関する専門知識に組み合わせることで、最も進行した癌にも対処できる体制を整えていると信じています。

その上、患者独自の癒し旅程があるので全体かつ包括的な治療計画を立てて、参加・関与させた方がいいと信じています。

彼の臨床的興味は、低侵襲性HPB外科と画像誘導外科など斬新な外科技術にあります。オフの時は、家族と一緒に過ごしたり、本を1、2冊読みます。

外科医の
指導と養成

彼は養成と教育に情熱を注いでおり、Duke-NUS 医療学校の准教授(Adj)で、NUSの上級臨床講師でした。また、多くの先進外科コースの議長を務め、世界中で多くの会議に講義をするよう招待されて来ました。

Lee医師は、シンガポールHPB協会(HPBA-S)、シンガポールロボット外科指導者学会、英国外科医師会(エジンバラ)と国際腹腔鏡肝臓学会の創立メンバーです。また、一般外科医の部、HPBA-Sと国際外科医、消化器専門医と腫瘍医協会(IASGO)の委員をも務めています。

学術と
研究貢献

彼は外科の年代記などのトップジャーナルを含む150以上の科学出版物を執筆し、2冊の外科書と70冊の本の章を執筆しました。いくつの国内と国際の臨床研究の主任兼共同研究者として、百万ドルを超える競争的助成金を獲得しました。現在、30を超える国際の医学雑誌の編集と査読委員会に所属しています。

「誰か癌を患うと、その人自身だけでなく、家族にも影響を及ぼします。癌は一言であり、文ではありません。外科医として、彼らと一緒に戦い、そしてケアし、和らげ、可能であれば治す立場にあることは有意義と思います。」
Top